生理日に便秘になるってどういうこと?

女性に特有の生理ですが、生理時に便秘になる人もいれば、逆であるという人もいます。
生理による便秘の原因は複数あるとされています。
その中の一つに自律神経の影響があります。
特に生理前になると女性ホルモンが多量に分泌されます。
その結果、自律神経の働きも鈍くなってしまい、結果的に便意を感じにくくなります。

他に女性ホルモンの一つの黄体ホルモンは、大腸のぜん動運動を弱める作用がありますので、ホルモンが分泌される為に便秘になる説もあります。
その為、生理前は便秘になりやすいとされています。

女性ホルモンが便秘の原因になっていますが、生理始まると話は違います。
生理が始まると血流が良くなりますので、逆に大腸のぜん動運動を促します。

またぜん動運動を促すホルモンも多量に分泌されますので、便は柔らかくなり排出しやすくなります。
生理が始まると便通が良くなるのはこれが原因です。
生理前は自律神経の影響により、イライラなども起こりますが、生理が始まるとおさまります。

女性の生理に関しては、毎月あることですので生理が原因の便秘を改善する方法はありません
便秘になりやすい期間は短いものですので、便秘対策としてはそれ以前の日常生活での工夫がポイントになってきます。

食物繊維を意識的に摂取することや、バランスの良い食生活を心がけること、運動を行い腹筋を鍛えるなど有効な方法は数多くあります
便秘対策としては、そういった対策を日常的に行っていくことが重要になってきます。

なかなか食物繊維が摂れない、食事が不規則で栄養にも偏りがあるなら、食物繊維が豊富な野菜ジュースを毎朝取ってみるとかも方法です。

また、宅配弁当を取ってみるのもいいかもしれません。
カロリーもしっかり計算されているので、ダイエット効果も見込めますよ。
今人気の宅配弁当ですとnoshとかですかね。
検討してみてください。

毎月ゆううつ・・・「生理前ニキビ」どうしたらいいの?

普段はニキビとは無縁なのに、生理前になるとできてくる、
あるいはニキビがあるけれど生理前には悪化する…こんな症状に悩まされていませんか?

程度に差はあるかもしれませんが、生理前のニキビや肌荒れがあるという人は多く見られます。
どこにその理由はあるのでしょう?

排卵から生理が始まるまでを黄体期といいます。
このとき、受精卵の着床準備のために女性ホルモンの一種である黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。
プロゲステロンは妊娠を促進・安定させる働きがあり、子宮内膜を肥厚させるのです。
しかし、妊娠が起こらなければ不要になった子宮内膜ははがれて排出されて、生理となります。

このように、女性の体において重要な役目を果たしているプロゲステロンですが、
それだけでなく、実は生理前のニキビにも大いに関係があるのです。

プロゲステロンは構造が男性ホルモンに似ています。
男性ホルモンと言えば、皮脂分泌を促す作用があるのはご存知ですよね?
プロゲステロンも同様に、皮脂分泌を活発化させるためにニキビができやすくなったり、普段より悪化しやすくなるのです。

また、排卵から生理前の期間は、女性の体は高温期といって基礎体温が少し高くなるので、
体内に熱がこもりやすく、ニキビができやすい状態です。
この時期は、ニキビでなくても肌がほてって赤みやかゆみを感じることがあります。
「生理前の肌荒れ」の原因ですね。

こうした症状は、生理が始まると治まってきます。
とはいえ、毎月のこととなるとゆううつですよね。
気にすることがストレスとなって、さらにニキビを誘発することになっては困ります。

原因がわかっても、ホルモンのせいならどうしようもないのでは?
と思うかもしれませんが、肌が正常に機能していれば、実はこうした症状は起こりにくいのです。
血行不良や、胃腸の働きが低下することで、体のバランスがくずれると皮膚のターンオーバーにも影響が表れます。
言い換えれば、生理前のニキビや肌荒れも、体の中に本当の原因があるということ。
食生活や、適度な運動など、生活習慣を見直すことで改善できる可能性があるのです。

どの段階の美白が必要か知るのが大切

年齢とともに気になる部分が増えるのが、顔やお肌のシミです。
シミはメラニン色素の塊とも言われますが、長年お肌に溜め込んだ紫外線のダメージは、表面化しているシミ意外にもシミ予備軍として肌の奥の方に隠れています。

こうしたシミをできるだけ薄くしたり、表面化する前にメラニン色素を減らしたりするのが美白化粧品と言われるものたちです。

メラニン色素への働きかけの方法や成分にはいくつかあります。
・漂白型と呼ばれるシミを薄くする成分
・予防型と呼ばれるメラニンの生成を抑制する成分
・シミの原因となる活性酸素を除去する成分

これらが期待される成分を補給することで、美白美肌を目指すことができるのです。
商品によってどのタイプの成分をどのくらい含んでいるかは異なります。
もし、すでにできているシミをなんとかしたいと考えているのであれば漂白型の成分であるハイドロキノンを多く含んだ美白化粧品を選ぶことが大切です。

自分で思っているよりもずっと紫外線のダメージは日々受けており、知らず知らずのうちにダメージは蓄積してしまっています。
毎日の正しいケアを心がけましょう。

浸透力が決めて

美白スキンケア、美白化粧品、美白美容液・・・など、美白を売りにした商品は本当にたくさん販売されています。
シミのない美しい肌を手に入れたいと考えている人はたくさんいて、そのための研究も進められています。

メラニンを減らす方法についても年々研究が進められており、できてしまったシミであっても場合によっては改善することができるようになってきています。
ビタミンCやビタミンC誘導体のように活性酸素を除去する成分やシミを予防するシムホワイト377、シミを薄くするハイドロキノンなど美白化粧品と言われるもののなかにはこうした成分が他の商品に比べて多く配合されていることもあるかもしれません。

しかし、どんなによい成分を含む化粧品であったとしても、その成分を必要とする部分まで届かなければ何の効果も得られないのです。
浸透力をアップさせ、その成分が必要な場所まで確実に届けることのできる美白化粧品を選びましょう。

美しく白い肌は取り戻すことができるのです。
正しいスキンケアを心がけ、日頃から紫外線対策をしっかり行って、受けてしまったダメージはできるだけ早く補修して、メラニン色素が沈着してしまわないように心がけましょう。

●ファンデーション
ミネラルファンデのサイトはこっち

注目の美白成分ハイドロキノン

紫外線を受けすぎたからなのか、気づけば知らないあいだにシミがたくさん・・・と悩む人は多いのではないでしょうか?

皮膚科でもシミの治療に処方されることのあるハイドロキノンはメラニン色素を減らすために有効な成分と言われています。
美白化粧品といわれるものはたくさん販売されていますが、このハイドロキノンを配合した美白化粧品は多くありません。
というのも、このハイドロキノンは熱や光の影響を受けやすく、安定した状態を保つことが難しいため、ドラッグストアなどでの取り扱いが少ないからです。

最近ではインターネットでのショッピングも普及し、インターネットでしか購入できないものも増えています。
このハイドロキノン配合の美白化粧品についても同じで、インターネットなどではハイドロキノン配合のスキンアイテムも販売されているので選んでみるといいかもしれません。

メラニン色素を減らしてシミをなんとかしたいと思っているのなら、ハイドロキノン配合のスキンケアアイテムをまずは使ってみることからお肌のケアをはじめませんか?

ハイドロキノン配合の化粧品がおすすめ

シミとはメラニン色素の塊、だから顔にできてしまったシミを消すためにはとにかくメラニンを減らさなければいけません。
では、メラニン色素を減らすためにはどんな方法があるのでしょうか?

やはりメジャーなところでは美白化粧品を使うという方法があります。
美白に有効と言われる成分をたっぷり含んだ美白化粧品を使うことで改善が期待できるのです。

中でも特に有効とされているのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンは熱や光に弱く、なかなかドラッグストアなどでハイドロキノン配合の美白化粧品を見つけることができないですが、インターネットなどでは販売されているので選んでいてはいかがですか?
ハイドロキノンは皮膚科などでも処方される方法です。

気になるシミをなんとかしたいと思ったらハイドロキノン配合の美容液を利用してみてはいかがですか?
紫外線の刺激でいつの間にか蓄積してしまうメラニン。
スキンケアで納得の美肌を取り戻しましょう。

サプリメントを上手に活用

メラニンを減らす方法にはスキンケアや食べ物など様々な効果的な方法がありますが、サプリメントも効果的な方法のひとつです。
サプリメントは食べ物と同じように体の内側からメラニン色素に働きかけて減らしていく方法ですが、食べ物に比べてより効率的にメラニンを減らすのに有効な成分を摂取できるのが特徴です。

サプリメントでメラニン色素を減らすなら、チロシナーゼという酵素に着木するのがおすすめです。
チロシナーゼの働きが抑制されることで、メラニンの生成も抑制することができます。

リコピンやアスタキサンチン、フェルラ酸などはチロシナーゼの働きを抑制する効果が期待できる成分です。
リコピンやアスタキサンチンはサプリメントとしても販売されている成分なので、メラニン色素が気になり、減らしたいと思っているのなら試してみるのもよいかもしれません。

サプリメントは本当にたくさんの成分を手軽に摂取できる便利なものなので上手に利用してみてはいかがですか?

大豆とはちみつも効果的

化粧品でメラニン色素を減らすのもひとつの方法ですが、毎日口にする食事からメラニン色素を減らす成分を摂取するのも大切なことです。
たとえば大豆やはちみつはメラニン色素を減らす効果が期待できると言われています。

紫外線の刺激などによって肌に蓄積するメラニン色素はシミやそばかすの原因になってしまいます。
正しいスキンケアをきちんとしなければどんどん蓄積してしまいます。

今はまだ表面に出てきていないシミ予備軍もメラニン色素として蓄積しているのです。
予防しきれず蓄積してしまったメラニンをできるだけ減らすスキンケアと食生活を心がけることで、美肌は保たれます。

スキンケアアイテムであれば肌に合うもの、合わないものがありますが、大豆やはちみつであればアレルギーなどがなければ手軽に食事に取り入れることができます。
コスメアイテムでの美白ケアにプラスして、体の内側からメラニン色素を減らす努力をしてみませんか?
思った以上の効果を実感できるかもしれません。

スキンケアアイテム選びは配合成分から

シミをつくる大きな原因と言われているメラニン色素は知らず知らずのうちに肌の奥の方にどんどん蓄積されているのです。
表面に出ているシミ以外にも、シミ予備軍は肌の奥で着実に育っていると思うととても怖いですよね。

シミの元ともいえるメラニン色素を減らすことで美白美肌を手に入れましょう。

メラニン色素を減らすためにはただ紫外線予防をしているだけでは足りません。
すでに肌にあるメラニン色素を減らすことのできる成分を配合した化粧品選びから始めましょう。

化粧品選びのポイントは配合成分です。
ビタミンCなどメラニン生成を抑制する成分を配合しているスキンケアアイテムを選びましょう。
最近はビタミンC誘導体を配合したスキンケアアイテムもたくさん販売されているので、選んでみてはいかがですか?

メラニン色素の生成を抑制し、減らすことは肌の健康のためにも大切なことです。
日頃から気を付けましょう。
毎日の積み重ねが美白美肌をつくるのです。

食後のフルーツでメラニンを減らす

食事のあとに、デザートとして果物をいただくというのはおいしくてしかも美容によいというのはご存じですか?
果物にはビタミンCをはじめとするビタミン類が豊富に含まれていて、しかも食物繊維もたっぷり含まれている美容には欠かせない食べ物です。
「食後のデザートには果物」
を生活習慣のひとつとして取り入れて、メラニン色素の少ない美白美肌を目指しましょう。

メラニン色素を減らす成分をサプリメントなどで手軽に補給することももちろんできますし、効果的ですが、サプリメントに頼るあまり毎日の食事がおろそかになってしまっては意味がありません。
メラニン色素を減らす効果が期待できる食べ物をしっかり食事でとって、そこで足りない分をサプリメントで補うくらいの気持ちでサプリメントを使いましょう。

美しい美白美肌を手に入れるためには、上手にメラニン色素を減らし、できるだけ生成しないように生活するのが一番です。
毎日の食生活から少しずつ改善して、健康できれいな肌を手に入れませんか?